2011/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ひろしま男子駅伝
今日、我が家はかなり久々に美容院に予約を入れていました。
我が家の行きつけの美容室は広島市の中心部。
わたしはもちろん、旦那さんも王子もカットしてもらいます。

ところが!
今日がひろしま男子駅伝のある日とは思ってもおらず(滝汗)。

前日にそうだとわかって、こりゃ渋滞したりするかも~と旦那さんに話したら、それは気にしなくていいだろう、と。

なぜ、そうなる??? と思いつつ。
まぁ、わたしより市内事情にくわしいだろう旦那さんが言うんだから大丈夫なのかも、と思ってました。

で、今日。

美容室の予約は15:15。
そろそろ出ないと~と家を出て、高速4号で中広に出ると交通規制の真っ只中!
高速4号から右折禁止になってる。
しかも、人がいっぱい!

旦那さん「もう終わったあとじゃろ」

と言うけど、終わってたら警察やらボランティアの人やらこんなにおらんだろう、と。
交通規制をいつまでもしないだろうよ、と思ったら、選手とすれ違い。
目が悪いわたしは見分けられないけれど、旦那さんが2回目にすれ違ったのが「長野だった」みたいなことを言い。

それって終わりごろじゃないよ? と。

ちょうど、最終区の方々が走ってるところと遭遇したのでした。

旦那さん「あー、広島がおった!」と。
すごいなぁ、運転しながら、しかもうじゃうじゃとかたまってる選手からよく見分けつけられるなぁ、と思いつつ。

ここで曲がりたいと思ってたところは交通規制で曲がれず。
どこからなら右折できる? としばらく行き、ちょうど信号で停まってたら、最後の選手が通過したらしく、一気にカラーコーンがどけられ、紐が撤去され。
それでも、そのあとも某交差点では直進が禁止されてたりし、あちこちの規制で車は多く。
ラジオをつけたら、車でグルグルグルグルしてる間に続々とゴールの中継が。

家のテレビで17位で最後のたすきが渡されてた広島を見て出発したのですが、3位に入ってたのには驚きました。

それにしても、警察官とボランティアの多さにびっくり。
これはすごい。
今まで何の気なしにテレビで中継を見てましたが、現場はすごいなと思いました。

選手の皆様、関係者の方々、お疲れさまでした。


問題の美容室は、市内の人の多さと反して駐車場はいつもより空いていたため、予約時間に遅れることなく行くことができました。
やっぱり、交通規制があるため、車でのお出かけは控えた人が多かったんでしょうね。
わたしも例年なら出かけませんもん、絶対(笑)。
スポンサーサイト
 
これも成長?
本日の王子、ちょっと情緒不安定だったようです。


イヤ、夜ごはん食べて、まった~りとしてたんですが、それまでは普通だったんですよ。

コロコロコミックを読みふけっている王子にわたしがちょっかいを出したとき、王子の反応が変で、「あれ?」と。

「どうした?」と声をかけたら、ポロポロポロポロ涙を流すじゃないですか。

別に変なことを言ったわけでもないし、怒ったわけでもないし、なぜ!? とちんぷんかんぷん。
ぽろぽろ涙を流しながら、王子はわたしにしがみついてきて、わたしの手を自分の顔や頭に当て、何も言わずに泣き続け。
「どうしたん?」と声をかけると、泣いて聞き取れない言葉を発し。

変な空気を察した旦那さんが「どうしたん?」とわたしに聞いてくるけど、わたしだってわけわからず。

ひとしきり泣いて、ちょっと落ち着いてきたところでもう1度話を聞いたら。

「今のままでおりたい…」と。
お父さんがいて、お母さんがいて、姫がいて、自分がいる。
保育園に行って、みんな(友だち)と遊んだり、そんな今まで当たり前だったことがそのまま続いてほしいと。
話を聞くと、小学校に上がることに不安を持っている様子。
何と言っても、今までずっと一緒にいた友だちがひとりもいない小学校に行くわけで。
園で1番仲のよかったRくんも引越しし、園をやめてしまったために離れ離れになり、さらに他の子たちとも春には離れ離れになってしまうことが大きな不安になってしまってる様子。
その不安にプラスして、「お母さん(お父さん)が病気になって倒れてしまったらどうしよう」とか、その結果、「3人家族になったらどうしよう」とか、現状と大きく変わってしまう状況を考えてしまうらしく。
いろんなことを考えすぎ、不安に押しつぶされそうになっていたようなのです。

そこからさらに「(自分が)大きくなって『お母さん嫌い』とか言ったらどうしよう」になり、「お母さんに嫌われるかも」まで考えてたのにはびっくり。

日頃、「王子、ギュー(抱っこやハグ)しようや~。もうちょっとしたら、『母さん近づくな!』とか言って、抱っこできんようになるし~」みたいなことをわたしが言ってるのが原因だろうと思われ。
王子を知らないうちに傷つけてたんだと。
不安のタネを植え付けてたんだと。

これも大切な成長のひとつなのかもしれないけれど。

日頃の発言や行動が思ってた以上に子どもに響いてるんだと。

ずっとずっと泣き続ける王子を、わたしは抱きしめて、よしよしして、話を聞いてあげることしかできませんでした。

「お母さんがもし王子に『嫌い』とか『あっちに行け』とか言われても、嫌いになるわけないでしょ? そりゃ、怒るかもしれんけどさ~。嫌いになんか絶対ならんよ」
「お父さんもお母さんも何があっても絶対王子を嫌いになったりしないよ」
「お父さんもお母さんも倒れたりせんようにがんばるよ」
「確かに保育園の友だちは誰もおらんけど、またRくんみたいにうんと仲のいい友だちができるよ、きっと」
「最近、KくんやYくんっていう友だちができたでしょ? ひとりじゃないよ」

そんなことしか言えず。
自分なりには一生懸命考えたつもりだけど、それが王子の救いになってるのか、どうなのか。

成長過程のひとつと捉えてるだけでいいのか。

それとも、プラス親にも問題があると思ってた方がいいのか。

旦那さんは「青春じゃね。うんと悩みんさい」で終了。
そんなものなのかな~と。
それでいいのかも、とも思うんですけど。
もちろん、王子の悩みは自分で解決するしかない。
これから先、そんな不安や恐怖はうんとある。
それ以上のことだってすごくたくさんある。
だから、今回のような悩みは、自分で、ひとりで乗り越えないといけない。
それは仕方ないと思う。

ただ、わたしが、わたしたち(親)が原因になったらいけないと。

今回の涙の訴えの中に「お父さんとお母さんのケンカが止められない…」というのもあり。
王子たちの前できつめの言い合いをするとすべてケンカだと思ってるようで。
それが発展し、「家族がバラバラ(離婚)になったらイヤだ!」とも言っており。
わたしはどんだけこの子を不安にさせちゃってるんだろう? と思わずにはいられず。

きっと、他愛もない言葉でも傷ついてるんだろうな、と。

基本、ほっとくしかない。
っていうか、そんなことで傷ついてたらやってけないよ! と思います。

どうやったら精神的にタフになるんでしょうね???
わたしもすごく折れやすいので、わたしの血を色濃く引き継いだんだろうけども。

悩んだって考えたって答えは出ないけど。
ちょっと考えさせられた夜でした。
 
ランドセル
もうすぐ小学生になる王子のために、わたしの両親がランドセルを買ってくれました。

前々から買ってくれるとは言ってくれていたものの、なかなかお互いの都合がつかず、お正月に予定確認をしたところ、今日を逃すと来月以降になることが判明。
早めに買わないと好みの色やデザインがなくなる! ということで。

うちから1番近いイオンモールへ。

王子、年長さんになりたての頃は「紫色のランドセルにする!!!」と言い張り、母は勘弁してほしいと思ってたのですが、秋くらいから「黒がいい!」と言ってみたり、「紺がいい!」と言ってみたりしてました。
で、ここ最近はずっと「紺にする~」と。
母はホッとしました(笑)。
…って、紫色のランドセルって売ってるんでしょうかね?w

買ってもらったのはセイバンの天使のはね「ワンパ」。
色はブルーブラック。

一緒にポケモンのゼクロムの防犯ブザーも。

ランドセル購入後は病院に行ったり、買い物をしたりし、夜ごはんもおごっていただいちゃいました♪

王子はランドセルがとてもうれしかったようで、家に帰ってからずっと背負ってました。
姫と一緒にランドセルを背負ったまま踊りまくりw
写真を撮ろうとしても、動きを止めてくれずwww
よっぽどうれしかったのでしょうね。

今のランドセルはA4のクリアファイルが入るのが当たり前らしく。
「A4入れたい」「A4入れたい」と意味がわかってない的な発言を連呼するので、わたしのクリアファイルを貸してあげました。
すると、「入る、入る~」「まだまだ入るよ!」と興奮しまくりw

一通りいろいろしたあとは、背負ったままテレビを見てました(笑)。

王子ランドセル001

反射素材があちらこちらに使われていて、そのデザインもとてもかわいくできています。
右肩の星もそのひとつ。

王子ランドセル002

今のランドセルはデザインもいろいろあるし、すごく軽量化されていて、うらやましい!(笑)

旦那さんやわたしの両親とも一致している意見。
王子は高学年になったら、このランドセルは似合わないに違いないwww
わたしと旦那さんの子どもですもの、背が大きくてごつく成長してるはず。

本当に小学生になっちゃうのね~、と。
うれしいような、寂しいような。

せっかく買ってもらったランドセル。
大切に6年間使っていただきたいと思います、ハイ。
 
圧力鍋のススメ
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


昨年、数年使い続けた安物の圧力鍋を使い、その音の大きさから引越しそうそうお隣さんを驚かせてしまい。
どうしよう~と悩みつつ、「必要なものだから!」と引っ越し祝いで買った圧力鍋。

どこのメーカーにしようかとmixiの日記で書いたこともあるのですが、結局、活力なべを購入しました。
(アサヒ軽金属工業のホームページはこちら
サイズがあり、どっちがいいんだろう…とネット検索する日々を経て、購入したのは大小2個セット。
そう、ふたつ買っちゃったんです(笑)。
調べれば調べるほど、使いたい用途で考えるとどうしてもふたつとも必要だという結論にしかならず。
悩みはじめから注文まで約1ヶ月。
注文から発送まで約1ヶ月みたいなことが書かれてたのですが、10日前後で到着。
早く使いたい気持ちだったのですが、なかなか新しいものを使う余裕がなく、放置すること1週間(覚えてないけど)。

で、使い始めてみたら、もう便利で便利で!

活力なべ。

↑ピンクのしずくみたいな形のものがおもりで2種類あり、ピンクが高圧おもりで、白いのが白米おもり(低圧)。
ネットで調べながら、自分でも考えながら、いろいろ試してるんですが。
結果、しょっちゅう活力なべを使ってます。

小さいほうはそれこそ使い勝手がよくて、手の込んだものをつくるときだけじゃなく、根菜たっぷりの味噌汁などの簡単なものをつくるときなどにも使ったり。
いわしの生姜煮は本当に骨まで食べられるので感動しました!
骨までホロホロになるので、大きいほうだと取り出す時にボロボロになりやすいです。
日頃の一品にちょうどいい大きさなので、ちゃんと料理する日(笑)はほぼ毎日火にかけられてますw

大きいほうは大量のものをつくるときに大活躍。
カレーやシチュー、おでんはこの容量じゃないとつくれません。
あと、豆を使ったメニューもこの容量じゃないと困ります。
すじ肉を大量購入して下ごしらえをするのもこれじゃないと大変!

高かったけれど、買って正解だったなと。
世界最高2.44気圧なので、普通の圧力鍋より加圧時間が短くて済むんです。
前の圧力鍋では高圧で20分加圧してた牛すじ肉も、活力なべだと同じく高圧で10分でOK。
通常、普通のなべで30分煮るものが高圧だと0~1分加圧で済んだりするので(もちろん、何かによりますが)、ガス代もちょっとは浮くんじゃないかと思ったり。

まるでアサヒ軽金属工業のまわしものな記事ですが(爆)。

もちろん、他の圧力鍋だってすっごく便利です。
だけど、わたしにとってはこの容量が大切なんです!
このふたつの大きさがすごく使い勝手がいいんですよ。
で、この容量のものをいろいろ調べましたが、活力なべが1番値段的にもよかったと。
やっぱり、違うメーカーをひとつずつ買うのもめんどうでしょ?
手入れ方法とかも違ってきちゃうし。
だから、わたしにはぴったりでした。
それに、活力なべは使い方が簡単。手入れも簡単。
もちろん、ふたつは値段的にもちょっと…と言う方は、ぜひひとつでも圧力鍋を!
どこのメーカーでもいいのです。
本気で便利ですよ。
大きさはその人の家族構成や食生活などにもよるのでなんとも言えませんが。

そうそう、今日ははじめて白米を炊いてみました。
すっごくつやつやのもっちもちに炊けたんですよ~。
浸水時間がほとんどなかったので、ちょっと時間がたつと芯を感じるようになっちゃったんですが。
ちゃんと30分浸水させたら、これはかなりいいと。
ネットで見てるといろんな失敗談がざくざく出てくるので勇気が出なくて。
でも、ちょっとこれでごはんものをいろいろ挑戦してみようかと思えるようになりました。
ちなみに、2合炊いたのですが、使ったなべは小さいほう、白米おもりで加圧1分で放置15分でした。
説明書では「少量の場合は加圧時間を5分長く」と書いてあったんですけどね~。
何か違うのかな?

圧力鍋は本気でオススメです!

イヤ、本気で!!!
 
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
thanks!

現在の閲覧者数:
プロフィール

えみこ

Author:えみこ
年齢:33歳
居住:広島県
職業:主婦 兼 団体職員

2004年12月に元気な男の子を、
2007年7月に元気な女の子
を出産…ということで、
旦那さん(36)と
王子(8)、姫(6)
の4人家族です!

カウントダウン




最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BlogPeople
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。